誕生日の演出なら、サプライズ誕生日.com。大切な人の誕生日をお祝いしたいあなたのための情報サイト!

ワインラベルでサプライズ

ワインラベルでサプライズ

あなたは「エチケット」という言葉を知ってますか?

そうそう礼儀とかマナーとか・・・

いやいや違うんです、ここで言う「エチケット」とは
あのワインのボトルに付いているラベルの事なんです。

ワインの名前、生産地、ぶどうの品種などが書かれたラベル「エチケット」。
もともと、フランス語では礼儀作法という意味です。

この語源は昔あのベルサイユ宮殿の庭の花壇が誰かに踏みにじられた際、その花壇に「花を大切にしよう」という札が立てられ、この立て札のことをエチケットと言ったそうです。

その後、意味が転じて、

「人の心の花を乱さないように」
「人に不愉快な思いをさせない」
「人を思いやる」

という意味に変化していきました。

そういう意味では、ワインのラベルは
造り手の思いが込められているとも言えますよね。

そして本題ですが、今回のサプライズはそのワインのラベル「エチケット」をレストランに事前相談した上で、思い出のメッセージカードとして使うのです。

まず飲み終わったワインボトルを店員に下げてもらいます。
そしてお店の人にワインボトルのラベルをはがして用意してもらいます。

次に相手がトイレに行った瞬間、もしくはあなたがトイレに行く時間を使い、用意されたエチケットにあなたのメッセージを書きます。

たとえば、
「今日はほんとに楽しかった、ありがとう」

こんな風にさりげないテイストがいいかもしれません。
くれぐれも相手の方にバレないように気をつけましょう。

そしてもうそろそろ食事も終わるというタイミングで
メッセージ入りのエチケットを店員に持ってきてもらい、
相手にプレゼントします。

あなたの気持ちを言葉ではなくエチケットに込めて伝える
サプライズ演出。

このサプライズの良い点は、付き合って欲しい相手に対しても
あまり重すぎずあなたの気持ちを伝えられる点です。

  • あなたの気持ちを重すぎず、さわやかに相手に伝えたい方
  • ちょっと気取ったサプライズが好みの方

こんな方はぜひ試してみてください。

もちろんカップルや夫婦などにもお勧めですね。

お店によってはエチケットを用意してくれないところも
あるようなので、サプライズの段取りなどを含め事前の相談を
お勧めします。

  • 準備すること: レストランのリザーブ&エチケットについての事前確認
  • 参考サイト:
  • 予算: エチケット代はフリー
  • ポイント:レストランへエチケットの有無確認、そしてサプライズの相談は
    必須。特に当日の段取りだけはしっかり確認しておこう。


powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional